会社の労務顧問・就業規則・助成金・未払い残業代対策のことなら、豊島区池袋の東京企業労務センターにお任せください。

労務歴14年、フットワーク軽くをモットーにご対応致します。

東京企業労務センター(社会保険労務士事務所)

〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-47-6 パレス南池袋307

お電話でのお問合せはこちら
03-3982-8582
受付時間
9:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

メールのお問合せは24時間お気軽に!

東京企業労務センターの特徴

経験14年の実績と若手のフットワーク

弊所所長は実務経験15年目にして30代という、実務経験と若手の良さを兼ね備えた社会保険労務士。いち早くお客様のニーズに応えます。

平時の労務相談だけでなく、労使紛争解決から調査対応、助成金、各種セミナーの受託など幅広く対応しています。

右の写真は建設業界の事業主が集まる研修旅行で労災や社会保険についてお話した時の写真です。

 

お繋がりがお繋がりを生む安心・安定のサービス

ご紹介から関与させて頂くことが多いのも弊所の特徴です。

仕事も料金も、任せて安心、ご紹介して安心をモットーに丁寧なサービスを心掛けています。

士業間の横のおつながりやお客様からお声掛けを頂く選ばれる事務所です。

 

 

お話をじっくりお伺いすること

弊所では、お客様のご要望や困っていらっしゃることについてお話を伺うことを何より大切にしています。そのお話をじっくり伺いながら、お客様が向かっていきたいところ、本当に困っていることは何なのかを専門家の幅広い視点で分析させていただき、よりよいご提案とサービスを提供させていただきます。

ごあいさつ

当センターのHPをご覧頂きありがとうございます。代表の特定社会保険労務士の高橋と申します。

 

昨今、メディアでは、働き方改革、過労死問題、長時間労働など『働き方』がよく取り上げられ、関心が高まっています。これまで、従業員から労務の質問や指摘を受けたご経験のある方は少なくないと思います。

そういった従業員のことについて経営者の相談相手となるのが労務士です。就業規則、雇用契約、労働時間、給与計算、有給休暇などなど会社の労務に関することはお気軽に東京企業労務センターへご相談ください。

弊所では、社会保険や労務人事に関して 全くわからないので1から教えてほしいといったご要望から、就業規則のこの部分をどうしたらよいかといった細かなご依頼まで、お客様の幅広いニーズを丁寧にお伺いしながら、迅速に対応させていただきます。

東京、埼玉、神奈川。北は埼玉熊谷市、南は神奈川県藤沢市まで、池袋からフットワーク軽くお伺いします。


就業規則・社会保険・労働保険手続・給与計算代行・労務顧問・助成金・経営者の労災加入等お見積もりから、ご相談、ご依頼お気軽にご連絡ください。

サービスのご案内

就業規則

就業規則は、法律の義務で作るものばかりではありません。会社を守り、経費を抑え、助成金を受けるために作るのです。弊所の就業規則は満足度が高く、口コミで広がっています。

労務リスク対策

経営者は孤独です。人に囲まれているようで従業員に関することを他の従業員に相談することはできません。労務の専門知識をもった社会保険労務士が社長の労務に関する相談相手となり経営をサポートします。

 

未払い残業代対策

残業代遡り請求できる期間は2年から5年へ。民法改正を背景に会社の未払い残業代のリスクは倍以上になる見通しです。一日1時間の残業でも一人数百万円の会社債務になります。弊所では独自のノウハウで会社の未払い残業代への対応アドバイスを行います。

社会・労働保険

社会保険・労働保険の手続きを行います。保険というと保険料の負担が気になりますが、実は助成金や労務トラブルにも欠かせない側面があります。労務相談の中で社会保険の効果的な活用アドバイスも行います。

労働災害

・従業員の労働災害時の対応

・知る人ぞ知る「経営者も会社経費で労災に加入する」手続き

など、国の制度を最大限に活用できるよう社内の体制を整備します。

給与計算

給与計算は、従業員との関係の要です。助成金や労務トラブル、社会保険の手続きに密接にかかわっています。

給与計算は単なる数字算出にあらず。会社を形作る「人」の部分だからこそ労務のエキスパートに依頼するのです。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-3982-8582

 受付時間 9:30~17:30

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ご連絡先はこちら

東京企業労務センター

03-3982-8582
住所

 〒171-0022
 東京都豊島区南池袋
 2丁目47-6 
 パレス南池袋307